コロナウイルスへの対応

corona

コロナウイルスの影響で、商品の売れ行きが悪くなっている。具体的には、前年比10%のマイナスだ。

ウチの商品は、主に学校や温泉施設で使われる。だから臨時休校や外出自粛になると、買う理由がなくなるため、売れなくなるのだ。

売上が落ちると、経営者は次の2つの施策を取りがちだ。ひとつは割引セールなどの広告、もう一つは人件費削減などのコストカット。

「宿泊費を半額にするから泊まりに来てほしい」とお願いする旅館や、「会社経営が困難な状態なため内定を取り消します」とお知らせする企業がこれに当たる。

ウチの会社では、割引セールを実施していない。そもそも需要が薄まっているわけだから、安さに価値を持たせて売るのは効率的ではないと考えるからだ。

そして人件費も削減していない。それどころか、4月からアルバイトさんと社員さんの給料を上げることにしている。

あわせて広い事務所へ引っ越し、日々のオペレーションを改善している。つまり組織力を高めるために投資しているのだ。

景気悪化で余った時間を売上向上に使うのではなく、ケイパビリティ向上に使う方針なのだが、果たしてこれが凶と出るか吉と出るか。

Pocket

«